HOME

食べ物は1日2キロ、空気は1日20キロがからだに入る

体に良い空気を取り入れられる家を作ります

空気環境の良い住まい空気環境の良い住まい空気は目で見えませんが、体感することで見えない空気を感じることができます。

今、日本中は目に見えないモノで本当に困っています。原発の放射線、インフルエンザ、口蹄疫、シックハウスなど怖いモノはすべて目に見えません。今までの家づくりは、目で見えるものに目を向けていただけに思えてなりません。確かに時代のニーズを捉え、手を変え品を変えれば、数千万円の住宅が売れる時代でした。

でも本当にそれで良かったんでしょうか?
今まで静観していましたが、家づくりの職人として声を上げていくことを決心しました。

家づくりのセミナーで日本全国を回っていますが、
アレルギー、喘息、アトピーやシックハウスで病んでいる子供たちがいかに多いことか。

家がすべての原因だとは言いませんが、お客様は有名な会社やハウスメーカーなら安心だと思って住宅を注文しています。本当にそれで良いのか?主観で決めてしまう前に家づくりのことを学んで欲しいのです。

私が考える本来の家づくり

売るための家づくりに疑問を感じています。

内藤材木店建築事例「終のすみか」としての家づくり本来の家づくりは、売るがためのものではなかったはずです。でも今は、価格やデザイン、性能や設備、流行をお客様に伝えて「売る家」のなんと多いことでしょうか。

私は、お客様に選んでいただける「終のすみか」を真剣に考え、実行している人たちと一緒になって、家づくりをしていきたいと思っています。

お客様に引き渡しをしたその日が始まりであって、本当はそこからなんです。

「あなたに会えて良かった」
「この家をつくってくれてありがとう」

10年後、20年後でも、
お客様からそう言っていただける家づくりをしていきます。

内藤材木店の家づくり内藤材木店の家づくり